不妊治療

当サロンでは

不妊に悩む女性のために

​不妊治療に力を入れております。

不妊治療について
鍼灸にはホルモンバランスを改善したり卵巣や子宮の血の巡りを良くしたりすることで受精卵の着床を助ける効果があります。
尚、長野県のくま鍼灸院のHPに不妊鍼灸治療のエビデンスが記載されております。
妊娠とは直接関係が無くても抱えている様々な不調を軽減することにより視床下部へのストレスが減りホルモンバランスが良くなる可能性があります。
病院の不妊治療と併せて鍼灸治療を受けられることをおすすめします。
また、当サロンではサンビーマーとサンマットという不妊外来クリニックにも置いてある遠赤外線治療器を併用し治療を進めていきます。サン・ビーマーの使用により卵巣周辺の血流が改善され、その結果、胚質が改善されることが報告されています。
株式会社サンメディカルサポート情報ページに学会発表情報等が記載されております。

なぜ遠赤外線がよいのでしょうか?

遠赤外線が何でもよいという訳ではありません。8~15ミクロンの波長が人体に特に効果的と言われています。

この波長帯域は、血液の温度が最も低くなる体表面付近の表面静脈叢に反応して、そこで温められた血液が体内に戻ることにより体を温めます。また、血液の流れを良くすることで細胞が活性化されることから不妊治療の様々な問題の改善に使用されています。鍼灸治療と併用することで相乗効果が期待されます。

特に体外受精を受けた方、難治性の不妊症で下記の問題改善にお試しください。

卵子の質が悪い

胚の質が悪い

胚の質は良いが着床しない

使用する機器は構造上、磁力波や電磁波を発生しませんので安心してお使いいただけます。

生理周期に合わせた治療
当サロンでは生理周期に合わせて使うツボを変えています。
鍼灸による月経周期別対処法としては

 

①月経期(月経の初日から、経血量の多いおおむね3日間程)

 身体の中にたまっているものを排出させるツボを使用します

 

②卵胞前期(月経周期3日~7日目)

 卵巣の中の立ち上がりをよくします

 

③卵胞後期(月経周期8日~12日目)

 立ち上がった卵胞の育ちをよくします

 

④排卵期(13日~19日・排卵前日からの5日間)

 卵子がピックアップされるための自律神経を整えます

 ※自然妊娠・人工受精の方は重要

 

⑤着床期(排卵後6日目)

 着床のために子宮の血流をよくします

 

⑥黄体期(排卵後7日~)

 妊娠の継続を助けます

 黄体期は妊娠の継続のためのツボを使うので月経がくるまで自宅でできるお灸をしていただきます

・月経周期が整っていて自然妊娠、人工受精を希望の人。

 

・周期が乱れていて自然妊娠、人工受精を希望の人。

 

・体外受精を受ける方

 

・子宮内膜症などがある方

 

・高プロラクチン血症による無月経

 

・多嚢胞卵巣症候群の方

 

・FSHが高い

 

その方の持っている疾病や体質によって使うツボを分けています。

サンビーマーの効果
当院では不妊治療の際、鍼灸治療に加えサンビーマー(特殊セラミック放射体による温熱治療器)を併用させて頂きます。
多くの不妊治療クリニックで導入されています。
加えてベッドに敷くタイプの遠赤外線治療器サンマットを使用し全身の血流を改善します。
サンビーマー効能・効果は以下の通りです。
●子宮動静脈の流れの改善
下腹部の内腸動脈の流れが良くなることで子宮への新しい血管が増えていきます。
そして子宮内膜が暑くなり、ふわふわで柔らかくなり着床しやすくなります。
●卵巣動静脈の流れの改善
卵巣へ血液循環が良くなることでホルモン分泌が安定します。
卵管が柔軟になり卵子や精子がその中を通り易くなります。
●自律神経の安定
​視床下部の血流が安定することでホルモン分泌も安定します。
●その他の症状にも改善
二人目不妊、子宮内膜症、子宮筋腫、産後太り、生理痛、生理不順、冷え性、低体温症状、便秘、更年期障害など。
高松市内では不妊治療にサンビーマーを使用しているのは当サロンだけです。(2020年9月時点)
 

Q

どのくらいのペースで通院すればよいですか?

A

不妊の原因とも関係しますが週に1回のペースがベストです。

Q

クロミッドの影響で内膜が育ちにくいのですが鍼灸の効果は?

A

子宮に入る動脈が狭窄を起こすと内膜の厚さに悪影響を及ぼすことが知られていますが、その血管を拡張させるのに科学的に証明された手技を行います。
​ただ内膜が厚くならないのは血行障害だけではありませんので、その点を踏まえて鍼灸を利用されると良いでしょう。
当サロンを経営する私自身も「多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群」(PCOS)高プロラクチン血症により不妊治療を受けておりました。
不妊治療は心身ともに負担が大きく消耗してしまいます。
当サロンでは最初にしっかりとカウンセリングを行い治療内容を説明して参ります。
完全予約性で個室にて行いプライバシーに配慮しておりますのでご安心ください。
また施術者は女性ですので不妊治療のツボがたくさんある腹部や臀部(おしり)などの治療も抵抗なく受けられます。
​また殆どの方に自宅でして頂くお灸の指導(体の部位により、お灸の種類も変更)も行っております。
東洋医学と日本生殖鍼灸標準化機関(JISRAM)で効果が検証された治療手技をオーダーメイドで組み合わせ治療を進めて参ります。

Q

刺激しても卵子の数がなかなか取れません。

A

その方の卵巣の状態にもよりますが卵子が沢山あるのに卵胞形成が少ない場合、卵巣の血流を良くすることで採卵数が増える可能性があります。

Q

​不妊治療はどれくらいで効果が出ますか?

A

人間のすべての細胞は3ヶ月で入れ替わるとされています。
週一度ペースの治療をして頂くと3ヶ月くらいで体調が変わってきたと実感できるようになります。
鍼灸治療は薬などと異なり自らが本来持っている自然治癒力引き出し妊娠出産しやすい体質へと改善促進させることができます。
また体外受精の際の着床促進や直近の採卵に向けて良い卵が育つサポートをするなど寄り添って参りますので焦らず根気よく治療しましょう。
 

Q

予約を強制されないか心配です。

A

次回施術予約を強制することはございません。
ストレスとなるような治療回数はかえって負担となりマイナスとなります。
​あくまでも生活の一部として鍼灸を取り入れて頂ければ幸いと考えております。

高松市春日町1424ビューハイム小石1-D
TEL:090-7148-1659

MAIL:kayo.kssssm777@docomo.ne.jp

営業時間 10:00~20:00(L.O.19:00)
 土曜日のみ~14:00(L.O.13:00)
定休日 月木、祝日

  • ブラックInstagramのアイコン

© 2020 こころ鍼灸院 created wth F-LiNQ